2015年5月23日土曜日

手塚治虫文化賞

昨日は手塚治虫文化賞授賞式。吉田戦車さんが短編賞を受賞したので行ってまいりました。一通り贈呈が終わった後の「記念イベント」は吉田と伊藤の夫婦対談……って、そんなものしょっちゅう聞いてるよ!
と思ったものの、いつも通り、独特の間を持つお二人の会話で会場は爆笑の渦でした。あらためておめでとうございます。

2015年5月20日水曜日

プリニウス第18回

「新潮45」6月号発売されております。今回の『プリニウス』では、いよいよあの怪しげな新興宗教が登場します。象も出る。マリさん描く伝道者の造型も、ハリウッド史劇の聖人っぽくなくていい感じです。

2015年5月16日土曜日

鉛筆とボールペンとスタジオと私

5月16日は北青山のギャラリーマヤで開かれていた「寺田克也 ペンシル アンド ボールペン スケッチ!」展に滑りこみで行ってまいりました。写真はサイン中の画伯。

ペンシルはともかくボールペンの奥深さを知りました。ていうか奥深いのはペンでなくて描き手のほうなんですけどね。最近は僕もマンガの作画の一部にボールペンを使ってるんですが(マンガを描き出した頃だったら間違いなく教育的指導&矯正を受けていました)なかなかこのように自在には書けません。お客さんも、誇張でなく世界中から集まっていた。

そのあと昔のアニメ特撮ファンには聖地であるアオイスタジオへ。数々の名作のレコーディングが行われ、いまだ耳馴染みのある機械音・爆発音などの効果音もたくさんこのスタジオで作られました。はっぴいえんどのファーストアルバム=通称「ゆでめん」もアオイスタジオでの録音です。

まだ詳細は書けませんがこちらの作品に関わっているので、その収録一日目を見学。
http://www.fukikaeru.com/Puppet/puppet.html


この日は大塚明夫さん、羽佐間道夫さん、斎藤志郎さん、こねり翔さん、喜代原まりさんによる収録。なかでも御歳81歳の羽佐間さんのはっちゃけアドリブっぷりに驚愕かつ敬服。羽佐間節全開でありました。

2015年5月15日金曜日

5/31下北沢CCO

月末はまたLIVE続きです。トリオで出演の武蔵美イベントの翌日、5/31に下北沢BAR? CCOにとりマリのデュオで出演致します。武蔵美とはまた違ったメニューでやる予定。


下北沢Barcco イベント「フィフティフィフティ/2015の初夏」
日時:5/31(日)19時開場 19時半開演
料金:2500円(含2ドリンク)
地図:こちらを参照
出演:マンハッタンスリム(ex.サーカス)、ジョニー大蔵大臣、とりマリ(とり・みき+ヤマザキマリ)50/50 (原田潤+コウメイ)


2015年5月5日火曜日

フリースタイル29号

フリースタイル29号発売されています。

とり・みきはいつものように「ANYWHERE BUT HERE」(遠くへいきたい)を2本描いています。

山田宏一さんの連載「映画教室」 が今回もすごく面白い。表紙イラストは『コララインとボタンの魔女』『ベイマックス』のコンセプトアートも手がけた上杉忠弘さんです。

2015年5月4日月曜日

5/30武蔵美でトーク&ライヴ

とりマリトーク&ライヴイベント今月5/30にもやります。場所は武蔵美。バンドはとりマリ+イトケンのトリオ編成です。どうぞお越しくださいませ。

第6回音めがね “美術と音楽と恋愛の密接な関係” 
ゲスト:ヤマザキマリ&とり・みき  base/伊藤健太
日時:2015/05/30 (土) 17:10 - 18:40  
会場:東京都小平市小川町1-736 武蔵野美術大学 1号館104教室
料金:武蔵美の学生の方は無料(要学生証)
   一般 500円 お申し込みは以下のページで受け付けています
   http://otomegane6.peatix.com/

2015年4月29日水曜日

JAPANツアー終了

福岡〜東京ツアー無事終了。最終日(2箇所ですが)月見ルのライヴもおかげさまで好評のうちに終了。ご来場いただいた方々、ご協力いただいた関係各位、ブラジル飯担当の高千穂さん、総合プロデューサーのイトケン、皆様ありがとうございました。
撮影:原田香