2015年10月28日水曜日

生賴範義さん

生賴範義さんはハヤカワ文庫JAと角川文庫をメインに小松左京作品のカバーを数多く担当されていました。

お仕事の幅が広い方でしたが当時の日本SFに耽溺した身としてはやはり小松作品の印象が強いです(平井和正さんも多かったですけどね)。これは珍しい晩年の小松さん。

 『小松左京マガジン』第29巻より。

0 件のコメント: