2015年5月16日土曜日

鉛筆とボールペンとスタジオと私

5月16日は北青山のギャラリーマヤで開かれていた「寺田克也 ペンシル アンド ボールペン スケッチ!」展に滑りこみで行ってまいりました。写真はサイン中の画伯。

ペンシルはともかくボールペンの奥深さを知りました。ていうか奥深いのはペンでなくて描き手のほうなんですけどね。最近は僕もマンガの作画の一部にボールペンを使ってるんですが(マンガを描き出した頃だったら間違いなく教育的指導&矯正を受けていました)なかなかこのように自在には書けません。お客さんも、誇張でなく世界中から集まっていた。

そのあと昔のアニメ特撮ファンには聖地であるアオイスタジオへ。数々の名作のレコーディングが行われ、いまだ耳馴染みのある機械音・爆発音などの効果音もたくさんこのスタジオで作られました。はっぴいえんどのファーストアルバム=通称「ゆでめん」もアオイスタジオでの録音です。

まだ詳細は書けませんがこちらの作品に関わっているので、その収録一日目を見学。
http://www.fukikaeru.com/Puppet/puppet.html


この日は大塚明夫さん、羽佐間道夫さん、斎藤志郎さん、こねり翔さん、喜代原まりさんによる収録。なかでも御歳81歳の羽佐間さんのはっちゃけアドリブっぷりに驚愕かつ敬服。羽佐間節全開でありました。

0 件のコメント: