2014年1月15日水曜日

ナイアガラの瀧に打たれて

日経BOL「とり・みきのトリイカ!」今年最初の更新です→ナイアガラの瀧に打たれて


「作品のレイヤー性」についてちょっと補足すると、たとえば自分のマンガでいえば杉浦茂の絵でスター・ウォーズをやる、水木しげるの絵でゴーストバスターズをやる(オバQなども入り込んでくる)といったようなことですね。昨今は表層的に既存作品のキャラを拝借するだけでパロディと呼んじゃうことが多いけど、それではあんまり芸がない。二重三重に重なってないと面白くない。

0 件のコメント: