2011年2月28日月曜日

メディア芸術祭とレッドとフーターズ

※撮影:茂木功

2月2日、2010年度の文化庁メディア芸術祭授賞式がありました。マンガ部門の受賞者は

大 賞:『ヒストリエ』岩明均
優秀賞:『孤高の人』坂本眞一
優秀賞:『風雲児たち 幕末編』みなもと太郎
優秀賞:『ぼくらの』鬼頭莫宏
優秀賞:『レッド』山本直樹
奨励賞:『うちの妻ってどうでしょう?』福満しげゆき
功労賞:栗原良幸(元モーニング編集長) 以上敬称略

みなさん、おめでとうございます。授賞式の模様はUstreamで見ていたのですが、かつて東京都の有害図書指定第一号をくらった山本直樹が文部科学大臣から表彰されているのは、溜飲が下がると同時にあらためて憤りも。

で、翌2月3日には『レッド』受賞の祝賀パーティをなんとHooters東京で開いちゃいました(この模様は現在発売中のcomicリュウ4月号の『とりったー』で描いてます)。『レッド』という作品をご存じの方はこれがいかにシャレに満ちた会場選定であるか、おわかりいただけると思います。最後にHootersGirlsのサイン入りTシャツをプレゼントされた山本直樹は「アメリカ討ち取ったり〜!」と叫んでいた。

当夜はマンガ家や飲み仲間以外にもレッドの中の人達もお祝いに駆けつけ、二次会三次会で色々と当時のお話をうかがったりしたのだった。歴史上の事件と自分史が交わった貴重な一夜でした。

0 件のコメント: